【悪質な不動産屋が使う、おとり物件とは】

まず「おとり物件」という言葉、聞きなれない人もいると思うので少し解説します。

言葉の通り「おとり」で、実在しない「架空の物件」ということです。

実在しないと言っても、その建物が実在しないという訳ではありません。

その契約条件(賃料や、実際には空いていない)などのことを指します。

呼び名は「おとり物件」「おとり広告」「釣り物件」などと言われています。

どのくらいの割合で存在するか詳細なところは把握できませんが、インターネット上で好条件なものは半分くらいがオトリ物件のような印象を受けます。

「初期費用で安く抑えたい」という条件の人が持ってきてくれる情報(主にインターネット上での情報)は、特にその確率が高いです。

先日も別のお客様で相談を受けた際、ちょうどこの割合でした。

全体ではそんなに多くはないのでしょうけど、「良い条件で探したい」との思いで探しているとおとり物件の確率も上がってくるというこです。

なぜそんなことをするのか?

成約率を上げるため。

成約率を上げるために大事になるのは来店率。

この来店率を上げるためには、注目される物件を掲載することが大事になります。

これに関しては不動産業に限らずどんな業界でも同じです。

来店率を上げるために試行錯誤しています。

そこで登場するのが「おとり物件」です。

おとり物件ほど好条件で無ければ、類似物件はいくつか存在します。

不動産仲介業というのは、自社管理以外に他社の物件でも紹介・成約は出来るので、オトリでも何でもいいからとりあずお客を引っ張ってきたいわけです。

この「おとり物件」、売買では見たことはありませんが、賃貸では数多く見かけます。

そこで当社では、気になった物件のURLを送って頂ければ「おとり物件」かどうか調べることができ、本当に空いているお部屋のみを直接ご案内しますので、無駄に店舗まで足を運ぶ必要はありません。

今の時代、ネットに全てのお部屋が載っていますし隠し物件など存在しません。

どの不動産屋さんもネットに載っている全てのお部屋を紹介できますので、メッセージ上でやりとりし気に入ったお部屋を見に行く方が効率よく、良いお部屋に住むことができます。

人とのつながりを大事に。

お問い合わせ